NISSAN、50年前の「ダットサン・ベビイ」を復元!


2015年3月28日公開

 

専用の免許で子どもが運転する本物の自動車が50年前に実在した。こどもの国(横浜市青葉区、東京都町田市)を走っていた「ダットサンベビー」だ。園内に残っていた最後の1台を日産自動車の社員らが復元。28日から日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号)で一般公開される。

 

左から「こどもの国」園長の三国治氏と日産自動車副社長の坂本秀行氏

 

ダットサンベビー」は2人乗りのオートマチック車。子どもは運転免許を持つ大人の運転で乗車するほか、「免許証」を取得すれば小学5年~中学3年は1人で運転できた。

こどもの国併設の「交通訓練センター」で交通法規や車の構造等を学び、指導員の同乗の元でS字コースなどを走った後、専用コースを1周する「実技試験」を受ける。約4万5千人が免許を取った。

車は日産が寄付した。提携していた愛知機械工業(本社・名古屋市)が生産した軽自動車「コニー・グッピー」がベース。全長2・96メートル、幅1・42メートルの2人乗りの車体を大きなバンパーがぐるりと囲む。時速20キロ以上でクラクションのようなブザーが鳴り、30キロになるとエンジンが止まる。

日産自動車

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る