NISSAN、ジュークのトップエンドモデル「ジューク NISMO RS」

image

改良型MR16DDTエンジンに8速マニュアルモード付CVTを搭載。214PS/25.5kgm発生

2014年11月26日発売

343万4400円

Cock pit

ジューク NISMO RS

 

NISSAN自動車は、ジュークのトップエンドモデル「ジューク NISMO RS」を11月26日に発売する。価格は343万4400円。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
ジューク NISMO RS 直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ 
(専用チューン)
CVT-M8 
(8速マニュアルモード付)
4WD 3,434,400円

ジューク NISMO RSが搭載する直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ

「MR16DDT」。最高出力157kW(214PS)/6000rpm、最大トルク250Nm

(25.5kgm)/2400-6000rpmを発生

 

NISSANジューク NISMO RSは、従来の「ジュークNISMO」からさらなるエンジン出力等の向上を果たし、これに合わせてボディー剛性の向上、ブレーキ性能の強化、サスペンションや電動パワーステアリングのカスタムチューニングが試行した。

エンジンは、ベース車の16GT FOURと同じく直列4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ「MR16DDT」だが、専用ECU(エンジンコントロールユニット)セッティング、コンロッドベアリングの耐久性を向上させるなどの改善が行われ、最高出力は従来の140kW(190PS)/5600rpmから157kW(214PS)/6000rpm、最大トルクは240Nm(24.5kgm)/1600-5200rpmから250Nm(25.5kgm)/2400-6000rpmへと進化。高回転域でもパワフルなトルクを実現した。また、トランスミッションに関してはベース車ではエクストロニックCVT-M7のところ、ジューク NISMO RSでは8速マニュアルモード付きのエクストロニックCVT-M8に変更。JC08モード燃費に関しては16GT FOURが13.4km/Lなのに対し、12.6km/Lと改善され公表されている。

また、フロアクロスメンバー、Cピラー内側、リアシートバックブラケットにそれぞれ補強が行われ、車体ねじり剛性の進歩に成功したほか、出力向上に合わせてサスペンションのチューニングを実施し、より幅広い場面で楽しめる足まわりとした。フロントローターの大径化、リアローターのベンチレーテッド化などブレーキの強化も執行されている。

さらに、車速感応式電動パワーステアリングのチューニングにより、取り回しのよさとワインディング路や高速走行時等でもタフな感触を両立させたという。

そのほか、インテリアではレカロとの共同開発によるスポーツシートを採用している。

imageシート地:アルカンターラ®ファブリック(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)Body Color & Interior Material

ジューク NISMO RS WEBカタログ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る