更なるマイナーチェンジで、総合力アップ!!日産ノート


 

高級感UP!と安全装備の向上を図り、激戦コンパクトカーマーケットで再チャレンジ

「新型日産 ノート」の画像検索結果

NISSANはコンパクトカーの「日産ノート」をマイナーチェンジし、発売を始動した。
日産ノート は、2012年8月にフルモデルチェンジし、2代目となったコンパクトカー。ノートのフルモデルチェンジ前には、ノートより少しボディサイズのコンパクトカーであるティーダが存在していた。しかし、ティーダは中国マーケットなどをターゲットにしたことにより、ボディサイズを拡大。そのため、日本マーケットには合わないとされ、ティーダはラインアップから存在を消している。
ただし、ラインアップから存在を消したとはいえ、先代ティーダの顧客はある程度存在する。そうした顧客が無理なくノートに移行出来るように、2代目ノートは先代に比べてボディサイズを若干大きくし全長は4,100㎜となった。国内のライバル車であるフィット プリウス アクアなどのコンパクトカーが4,000mm未満なので、やや大きめのボディサイズなっている。大き目なボディサイズを生かしたことにより、広大な室内スペースが特色。こういったボディサイズの違いが、ノートが他のコンパクトカーとの差別化のポイントになっている。
ただ広いというだけではなく、エンジンもユニークだ。メイングレードにはスーパーチャージャー付き1.2L直3エンジンのHR12DDRを搭載した。ミラーサイクルとスーパーチャージャーを組み合わせたエンジンで、1.2Lながら1.5L並みの高トルクを発揮する。仕組み自体も複雑で、力が必要のないときはスーパーチャージャーによる過給をOFFし、低燃費化するなどの技術が組込まれている。これを日産は、エコスパーチャージャーと呼び、24.0㎞/Lという低燃費性能を実現し、エコカー減税免税対象車としている。
その後、ノートはデビューから約2年でマイナーチェンジが施された。今回のマイナーチェンジは、一部改良程度の内容となっている。これは、2013年12月にノートには追突被害軽減自動ブレーキであるエマージェンシーブレーキなどを追加するなどの改良が行われているからだ。軽自動車では、もう低速域での自動ブレーキは当たり前の時代。ノートもそうしたマーケットのニーズをいち早く考慮した。

 

日産ノート

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る